皆さま、こんにちは。

少しご無沙汰してしまいました。

梅雨前の暑さがやってきました。年々夏が短い気がしているので今から楽しんでおかないといけないかもしれません。そこで今日は、市場で初夏を感じる商品をご紹介します!!

 

【トリ貝】

トリ貝

トリ貝中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較的流通量が少ない高級二枚貝です。

貝を剥きますと中側がピンク色をしていて綺麗な貝です。

三角形の食する部分が鳥のクチバシに見えることや、味が鶏肉に似ていることなどから付けられた名前だそうです。鶏肉・・・食べたことない方には想像がつかない表現ですが、言われてみれば。といったところですので、怖がらないで下さい。

この貝、1年以上生きていることが珍しい貝であることから一般的な流通にはのらず、料亭や寿司屋等で消費されることの多い貝ですので、もしメニューに載っていたら是非ご賞味ください。

 

【稚あゆ】

ちあゆ

 

その名の通り、鮎になる前の子どもの状態。子どもと言っても、大きさだけが小さいというだけで生育は全て完了しているので、鮎のミニチュア版といった方が良さそうです。

今日並んでいた稚あゆは、琵琶湖で養殖されているものでした。焼きや天ぷらで頂くのが一番風味も感じられて美味しいそうです。

 

 

透明感があって、さまざまな色をまとっている鮎は、本当に宝石にように美しいです。この見た目も初夏を感じさせてくれます。

 

昨年の梅雨は台風が多く接近、上陸しました。海のモノを扱う会社としては気がかりな季節です。予想としては今年も荒れるという情報がありますが、その荒れで魚がよく動き大きくなってくれたら良いな。という願いを心に築地最後の夏。楽しんで参りますので、銀座・丸の内界隈へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

会社定型