皆さま、こんにちは。

少しご無沙汰してしまいました。

梅雨前の暑さがやってきました。年々夏が短い気がしているので今から楽しんでおかないといけないかもしれません。そこで今日は、市場で初夏を感じる商品をご紹介します!!

 

【トリ貝】

トリ貝

トリ貝中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較的流通量が少ない高級二枚貝です。

貝を剥きますと中側がピンク色をしていて綺麗な貝です。

三角形の食する部分が鳥のクチバシに見えることや、味が鶏肉に似ていることなどから付けられた名前だそうです。鶏肉・・・食べたことない方には想像がつかない表現ですが、言われてみれば。といったところですので、怖がらないで下さい。

この貝、1年以上生きていることが珍しい貝であることから一般的な流通にはのらず、料亭や寿司屋等で消費されることの多い貝ですので、もしメニューに載っていたら是非ご賞味ください。

 

【稚あゆ】

ちあゆ

 

その名の通り、鮎になる前の子どもの状態。子どもと言っても、大きさだけが小さいというだけで生育は全て完了しているので、鮎のミニチュア版といった方が良さそうです。

今日並んでいた稚あゆは、琵琶湖で養殖されているものでした。焼きや天ぷらで頂くのが一番風味も感じられて美味しいそうです。

 

 

透明感があって、さまざまな色をまとっている鮎は、本当に宝石にように美しいです。この見た目も初夏を感じさせてくれます。

 

昨年の梅雨は台風が多く接近、上陸しました。海のモノを扱う会社としては気がかりな季節です。予想としては今年も荒れるという情報がありますが、その荒れで魚がよく動き大きくなってくれたら良いな。という願いを心に築地最後の夏。楽しんで参りますので、銀座・丸の内界隈へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

会社定型

皆さま、こんにちは。

先月ですが、㈱久世の展示会に参加しましたので、少しだけご紹介を。

毎年3月・9月の第二水・木曜日に池袋で開催されている食品展示会!!!!

久世展示会2018春
 

 

 

今回は『売れるメニューを効率的に』というテーマのもと、簡単に提供できる商品が揃っていました。

弊社では、これまでもお勧めしていました”熟成マグロ”のご紹介です。

展示会2018春様子展示会2018春熟成鮪
マグロをお店で熟成させるのは、時間をかけるのはもちろん、場所も確保しなければいけません。

そこですでに熟成されているマグロを、スライスしてパックにした商品です。

 

作業の効率化、人件費削減など、提供前の手をかけない賢い運営にぴったり★

展示会の良いところは、自分の舌で確かめられ、メニュー考案のアイディアも聞けることですよね。

 

その他、弊社では海外展開をお考えのお客様に築地の魚をお届けする為のご相談もお聞きしました。

展示会2018春看板展示会2018春魚

 

今やTUKIJIは世界語なのだそうです。

世界でも最大規模の市場ということもありますが、美味しく、安全で、丁寧な扱いも評価されている要因ではないでしょうか。

 

 

次回は2018年9月11(火)、12(水)

次回も沢山の方々との出逢いがあると思うとワクワクします。近くなりましたらお知らせ致しますので、ご興味ある方はその際にお声お掛け下さい。

会社定型

5c14926204f1f53a159fcfd3063ba075_s皆さま、こんにちは。

春の風を感じることにできる日々となりましたが、お花見にはお出かけになりましたか?高知県や東京都内はすでに満開を迎えた桜が人々を誘惑しています。

私はお花見には絶対お弁当を作ってゆくのですが、今年は桜海老で華やかにしようと思っています。桜6573fbfebd2bb532763884317160d70d_m海老は3月下旬から漁が解禁となるためお花の桜と同じく旬なんです。

さて、家から出たくなる4月の休開市スケジュールをご案内致します。

 

1日(日)  日曜休市

4日(水)  休市

8日(日)  日曜休市

11日(水) 休市

15日(日) 日曜休市

18日(水) 休市

22日(日) 日曜休市

25日(水) 休市

29日(日) 昭和の日

30日(月) 振替休日

 

4月になるといつも乗っている早朝の電車が少し混み合います。心機一転、早めに学校や会社へ向かう方、新しい環境に身をうつしやる気溢れる方、、、沢山の物語がそこにはあります。

築地市場も残すところ半年。

数えきれない物語が紡ぎだされた場所に是非いらしてください。

いらした際には、せひ旭水産までお越しください。お待ちしております。

会社定型

タイトル:休市スケジュール皆さま、こんにちは。

まだまだ寒さに油断の出来ない日々ですが、そろそろ春の山菜が美味しい時期となりました。静岡では河津桜がもうすこしで見頃を迎えるようで、春ももうすぐやってきます!

※写真は数年前の様子です55441efcca0885857520f20d4052c0e6_s

 

さて、春休みで賑わうであろう3月の休開市

スケジュールをご案内致します。

 

4日(日)   日曜休市

7日(水)   休市

11日(日)  日曜休市

14日(水)  休市

18日(日)  日曜休市

21日(水)  休市

25日(日)  日曜休市

28日(水)  休市

 

来月は祝日もなく、日曜と水曜が定休となるスケジュールなので予定が立てやすいのではないでしょうか?

今期も冬は寒さが厳しく、生鮮全体が大人しくならざるを得ない状況でした。これからは、春に向けてどんどん元気を取り戻すように進んでいきたいと思います!!

会社定型

みなさま、こんにちは。

現在北陸には歴史的な寒波が押し寄せ、人々の生活にも支障が出ております。魚たちも被害を受けています。なんと海の中で凍ってしまい、そのまま岸に流れ着くという現象が起きています。

建国記念を挟む連休を過ぎたら少し暖かくなるようですが、まだまだ油断せずにお過ごしください。

ということで、全国的な時化によりお魚の紹介が出来ないので、今回は私も興味のあった築地市場の歴史について調べてみました!!

tukiji

<日本橋魚河岸(にほんばしうおがし)の誕生>

なぜ日本橋? それは江戸城に徳川家康が住んでいた、江戸時代までさかのぼります。城内では大勢の人々が徳川家に仕えていました。その人々の台所事情の為、家康は大坂の佃村から漁師を呼び寄せ、東京湾での漁を許可し、魚介類を納めさせていました。

(余談:佃村の人々が住んだところが現在の月島駅近くの中央区佃です)

一方で漁師たちは残ってしまった魚介類を、船を泊めていた日本橋のたもとで売るようになったのです。これが日本橋魚河岸の始まりでした。日本橋魚河岸は、段々と大きくなり様々なものが揃う”市(いち)”となってゆきます。

 

<関東大震災発生>

その後、東京市が大きくなった日本橋魚河岸を市場法にもとづいて中央卸売市場にする計画を進めていきます。が、その矢先。

1923年9月 関東大震災発生

東京を直撃、日本橋周辺も壊滅状態となります。このことで長い歴史を誇った日本橋魚河岸はその幕を閉じました。その時人々は商いよりも自分たちの生活の為に奔走します。そういう状況だからこそ、様々なものが揃う”市(いち)”と復活させようと動いた人々もいました。

 

<東京市設魚市場(とうきょうしせつうおいちば)>

1923年12月関東大震災から3か月後です。旧外国人居留地の一角を海軍省から借りて東京市設魚市場が開設されました。この場所こそ、現在築地市場がある中央区築地でした。

暫定で開設された場所でしたが、旧汐留駅から引き込み線を通したり、隅田川岸壁の桟橋から船で荷捌きしたりと、迅速に取引が行われるよう扇形の市場となり、そのまま定着しました。

 

<ついに開設 東京都中央卸売市場 築地市場(つきじいちば)>

そしてついに、公設市場として1935年 東京都中央卸売市場 築地市場が開設となります。

それから83年余り。現在では年間60万トンもの品物が取引される世界一の市場となりました。そして世界的な日本食人気により輸出額が増え、築地ブランドなる言葉も出来ました。

最後に、メディアなどでよく築地”しじょう”と言われておりますが、正しくは築地”いちば”となります。これまでご紹介した通り、”市(いち)”から始まったからでしょうか。

 

今年豊洲市場へ移転が決定したことを良いきっかけとして、改めて築地市場の歴史を調べてみましたが、築地市場の原型である日本橋魚河岸が徳川家康考案だということを知り、歴史はつながっていると感じました。もちろん、歴史あっての現在だということはみな様よく御存じだと思いますが、改めて自分の周りのことを調べてみるのも面白いかもしれません。

大変長い回となってしまいましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。

会社定型

タイトル:休市スケジュール寒中お見舞い申し上げます。

ここ数日強い寒気が日本列島に怒涛のように押し寄せておりますが、皆さまの周りではトラブル起きておりませんか?

築地では水を多用するため、至る所で氷が出来ていて、まな板の上で魚を捌いて梱包している間にまな板の表面にうっすら氷が張っていることもあります(笑)

 

恐いですが、寒さ厳しくなる2月の休開市スケジュールをご案内致します。

 

4日(日)    日曜休市

7日(水)    休市

11日(日)  日曜休市

12日(月)  建国記念の日 振替

18日(日)  日曜休市

21日(水)  休市

25日(日)  日曜休市

28日(水)  休市

 

寒さというのは、体調を崩すこともありますが、車の事故や水道管破裂など様々なトラブルの原因になりますので、皆さま心穏やかにゆとりを持ってお過ごしください。

会社定型

975844

新年明けましておめでとうございます。

本年も旭水産㈱ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

本年も、新鮮な魚介と真心をご提供できるよう尽力致します。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

1月5日より築地市場で皆さまとお会いできることを楽しみにお待ちしております。

社員写真

会社定型

歳末挨拶皆さま、こんにちわ。

日頃より、大変お世話になり、厚く御礼申し上げます。

改めてお知らせいたします。

弊社事務所及び店舗の年末年始の休業期間は、

12月30日(日)~1月4日(木)となります。

新年は1月5日(金)より営業開始致します。

 

ご多忙のことと思います。くれぐれも体調お崩しになられぬようお気を付け下さい。

来年も相変わらず愛して頂けます様お願い申し上げて、

歳末のご挨拶とさせて頂きます。

それではよいお年をお過ごしください。

旭水産一同

会社定型

タイトル:休市スケジュール皆さま、こんにちは。

築地市場は観光客の方も大変多くなって来まして、師走真っ只中といった雰囲気です。

来年10月には豊洲市場が開場すると発表がありましたので、築地で迎える年末年始の慌ただしさは今年で最後です。少し寂しいですね。

 

 

歴史ある築地という地で迎える最後の新年月、2018年1月の休開市スケジュールをご案内致します。

 

1日(月)   元旦

2日(火)~4日(木) 正月休市

7日(日)   日曜休市

8日(月)   成人の日

14日(日)  日曜休市

17日(水)  休市

21日(日)  日曜休市

24日(水)  休市

28日(日)  日曜休市

31日(水)  休市

 

旭水産は、12月31日(日)~1月4日(木)休業となります。

1月5日(金)より通常営業が始まりますが、第1週は魚が少ないことが予想されますので、

お急ぎでなければ第2週以降にお越しください。

事前にお店にお電話頂ければ、入荷状況お教え致しますので、お気軽にご連絡ください。

TEL 03-3542-0570

会社定型

642786皆さま、こんにちわ。

築地もしっかり冬の到来を感じるほどの気候となっております。

最近では正月商材も並びはじめ、場外市場には紅白のれんも飾られて、正月に向けて忙しなくなって参りました。まだ心は夏くらいなのでですが、、、

そこで今回は正月には欠かせないおせち料理に込められた願いをご紹介します。

 

数の子プチプチ食感が堪りません

”数の子”

ニシンの卵ということで、それぞれの親のニシン。

これを二親(にしん)となぞらえて、子宝に恵まれ、子孫繁栄を願っています。

 

*アレンジレシピ*

数の子を細かく刻んで、パスタに絡ませ、バターと醤油で味を付けたら、食感が楽しい和風パスタに!

 

有頭エビ大きいと嬉しい

”有頭エビ”

ひげが生え、腰が曲がっている姿から、お年寄りを連想させるので長寿を願っています。

そして、エビの脱皮の習性になぞらえ、出世を願うものとも言われています。

 

 

昆布巻口いっぱいに海の香り

”昆布締め”

煮しめの結び昆布やニシンを巻いた昆布が一般的です。

「喜ぶ」との語呂合わせで、一家発展を願っています。

 

*アレンジレシピ*

鶏挽肉にみじん切りのネギ、酒、おろし生姜、塩、胡椒を混ぜたもので、昆布巻を包み、和風つくねに!

 

田作りカルシウムたっぷり、今年は価格高騰

”田作り”

乾燥カタクチイワシを甘辛く煮詰めて胡麻をふりかけたもの。

その昔、田畑の肥料として使われていたカタクチイワシ。田を作るということから「田作り」といわれるようになり、田畑での収穫を祈っての五穀豊穣を願っています。

*アレンジレシピ*

味がしっかりついているので、ネギや人参と一緒にかき揚げに!

 

おせち料理にはたっくさんの料理があり、全てに意味を持たせている日本文化。

こういうことも和食が無形文化遺産になった理由なのでしょうね。

会社定型

1 2